葬式の意味を年をとって考えます。

葬式の意味を考えます。生きているものとしては、葬式は、他人ごとのにように感じてしまいます。自分には、関係がない、だれかが葬式をするだろうと他人事のように感じてしまいます。もし身内でなくなった人がでたら面倒くさいお知らせ、手伝いなどをさせられるとうざく感じてしまいます。しかし良く考えると死ぬ時は、一時であり初7日、49日、1周忌、3周忌、13周忌と法事は続くが一時は3、4時間個人のために時間をとられる出来事なのです。何もしないのは非常にさびしくなくはないのか考えさせられます。ほんの一時個人のために時間をさいてやってもいいじゃないのかと思います。どうしても仏教的なイベントになってしまいがちですがそれに付き合ってやってもいいのでは、ないののだろうかと高齢になって思うのです。

皆さんは、墓地を決める時に何を基準に考えますか

墓地を決める時にどこにしようか、そういった事で悩んだりした事はありませんか?こちらでは、そういったお悩みをお持ちの方に、適切なアドバイスを行っております。ご自分のお墓はどこに用意したら一番いいのか、それはお客様それぞれのお考えによって変わります。墓地は住居と違って、亡くなった後必要になるもの。ですから、便利性やそういった事はあまり考えられない方が多いです。ご自分が生まれ育った場所に近いところを望まれる方も多いのです。またご家族でと考えられた場合は、それ相応の墓地を必要とされます。それもお客様の思いに沿ったものをご紹介させて頂きます。最後の儀を終えられる事ですから、大切に代々守っていかれる方のためにも、墓地も墓石も丁寧に管理させて頂きます。ご相談は、お電話でも承っておりますので、お申し出くださいませ。

Copyright© 葬式 意味 All Rights Reserved.