葬式で読む弔辞とは何か

弔辞というのは、葬式で故人と親しかった友人や知人が故人に対して語りかける別れの言葉です。一般的には事前に作成したものを読むことが多いので、遺族から依頼された場合には注意しておくことがあります。まず、弔辞の時間は3分で1200字程度が基準となります。さらに、早口にならず、参列者全員に聞こえるようにし、故人に語りかけるような口調で呼びかけます。また、形式的な文章はあまりあまり好ましくないため、故人とのエピソードを交えて話すのが良いと言われています。必ず話すべき内容は死へ悲しむ言葉、故人との関係について、遺族への慰めの言葉です。結果的に、弔辞を依頼されなかった方がどうしても弔辞を述べたい場合には、葬式前に遺族に申し出ることによって依頼される可能性もあります。

墓地の継続は、なかなか難しいものがあります。子どもが他所に行く事を考えます

先祖代々の墓地を継続するのは、自分たちには楽なのですが、子ども達が自立したらどうやって任せるか、課題になってきます。私が先祖の墓地を見るのは近場に住んでいるため、いつでもお参り出来るのですが、子どもはそう親の思い通りには行かず、どうしたものか考え中です。皆さんも現実にはこういうことに直面された事もあると思います。その時はどうやって乗り越えられるのでしょうか。お墓はいずれ途絶えるものだと分かってはいるのですが、自分の代で止めたくはないのです。やはり気がとがめるのでしょう。自分の時に終わりを告げると、気分の良くないものです。相続の時は墓地も守る事を条件に、子どもに託していくのでしょう。後は子どもを信じるほかありません。そう思いながら、自分がいずれ入るであろう墓地に関心を持って行くよう、努力しています。

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.