お葬式の弔辞で注意すべきこと

弔辞とはお葬式、すなわち告別式で故人と親しかった人が、故人の死を悼んで別れを述べるものです。あらかじめ文面にしておいたものを読むのが一般的ですし、頼まれたら快く引き受けたいものです。遺族の方に頼まれたら、可能であればほかにどのような方に頼まれているのか確認し重複しない内容にします。文面には、忌み言葉や繰り返しを連想させる言葉は避けます。なお、告別式にはたくさんの人が来ますので、自分と故人との関係も、早い段階で述べておきます。また、長すぎても短すぎても適切ではありません。1200字程度、3分程度が適切です。故人を思う気持ちが大事で、心を込めて言います。最後には、遺族の方への心配りと、安らかに眠ってくださいという言葉で締めくくります。

墓地の管理を任されました。相続というのでしょうか

伯母が亡くなったので、墓地の管理を私の親がする事になりました。伯母には子どもがおらず、夫に先立たれています。ですので、妹である母が面倒を見る事になりました。祭祀財産と言われるものなのでしょうか。他の不動産相続とは違うらしいのです。それはいいのですが、伯母は伯父の家に嫁いだので、墓地の管理は本来なら伯父の親戚がするものではないのでしょうか。不動産相続をしたのだから、墓地の方も面倒見るのは当たり前だと言われました。ですが、伯父が亡くなった時は、あちらの親戚も何らかの形で受け継いだものがあると聞いています。祭祀財産は他の相続とは違うので、名字を同じくした親戚の方で管理するものだと私は思っています。本家に伯父の親戚がいるのに、こういった場合はどういった対処を取るべきか、押し付け合いになるのは嫌なので、母は自分で管理するといっています。

Copyright© 葬式 弔辞 All Rights Reserved.