葬式の意味等について

葬式とは、人の死を弔うために行なわれる様々な儀式の総称です。その歴史は長く、旧石器時代には行なわれていたと言います。具体的な内容に関しては、故人やその親族が信仰する宗教や死生観が色濃く反映されます。そのため、一言に葬式と言っても、その方法等は数多くの種類があります。この葬式という儀式は、故人のために行なわれるものと思っている人も少なくないです。しかし、それ以外にも、残された人達のために行なうという意味合いもあります。故人に近しい人達が、大切な人の死という悲しい現実を受け入れるために必要だという考え方です。葬式の様々な儀式を順番に執り行っていく事で、少しずつ心が大切な人の死という現実を受け入れていくのです。

墓地を考える時は、宗派を問わないところと考えています

両親は特に場所を特定していませんでしたが、私は自分がお墓参りする事で不便のないところがいいと思っています。両親は自分たちで入る墓地を考えず、私たち子どもに任せる事にしたそうです。後で面倒を見る人にとって都合のいい場所の方がいいと言ったのです。確かに私たち子どもの便利さを考慮したら、両親がいいと思う場所では行き来のしやすいところがいいと思います。ただし、これは両親が先祖代々受け継がれている墓地に入らない時です。それと管理をしてもらえるところの方がいいし、両親と宗派が違ってしまったので、自分たちがいざという時に同じ敷地内に墓地を設けるのだったら、宗派を問わないところがいいと思っています。そうする事でまた、うちで代々受け継ぐ事が出来るので、このことを両親に承諾してもらおうと思います。両親は自分のお墓の代金は自分たちで出すそうです。

Copyright© 葬式 意味 All Rights Reserved.