お葬式を行う意味とは

なぜ日本は葬式をするようになったのでしょうか。大昔、死んだ人は道端にそのまま捨てられていたそうです。鳥葬や獣葬と言い小動物に遺体を食べさせて死体を処理していた時期がありました。しかし異臭や疫病の危険もあり当時の朝廷は頭を悩ませていたそうです。そんな時遺体の処理を組織的に行っていたのが仏教徒の僧侶達です。中国から伝来した経典の数々には故人の弔いの方法や意味がしっかり書かれていました。そこで朝廷はこの仏教徒達に国民の葬式をするよう命令をしました。しかし困ってしまったのは仏教徒達です。伝来した経典には仏教徒の葬式のやり方は書いてあるものの、そうではない一般の人の葬儀のやりかたは書いていなかったのです。悩んだ仏教徒が出した答えは、なくなった人にはお坊さんになってもらおうそうすれば葬儀ができる。というものでした。お葬式とは故人にお坊さんになってもらう。という意味があったのです。

墓地を考える時は、自分の家の近くにと考えています

自分が入るために建てるお墓は、家族の側がいいと思っているので、家の近くにしようと思っています。ただ肝心の墓地の空きがないため、少し遠いところになるけれどいいところがあるので、そこにしようと思っています。管理もその霊園でしてもらえると言う事で、なるべく早く墓地だけでも確保しておきたいので、その霊園に行って受付をして来ようと思っています。ただ、いろいろな契約を結ばないといけないので、その墓地の所有者や、誰がその後を見るのかという、確かなものが必要らしいです。亡くなった後すぐに受け継いでもらえなかったら、霊園側も困るという事らしいです。一種の不動産なので、永代使用料を払う者がいなくなれば退去になりますという、説明も聞きました。両親は別にお墓があるので心配はなかったのですが、こちらでは自分で考えなければならなかったので、そういう事には疎いです。

Copyright© 葬式 意味 All Rights Reserved.